老化も病気も「活性酸素」が原因。その正体と対策

紫外線に次いで老化の原因としてあげられるのが「活性酸素」
活き活きした酸素?単語の意味で見ると、そんなに悪いような感じがしません。
しかしコレが老いや病気の大きな原因となるそうです。
そもそも活性酸素とは?
何をすれば増えて何をすれば抑えられるのか?
調べてみました。
スポンサーリンク

活性酸素はなぜそんなに嫌われる?

くだものは、切り口を放置しておくと茶色くなります。
金属も放置すると茶色くサビます。

kugisabi
いずれも、モノが「酸化」することで起こる現象です。
これと同じこと…酸化が人間の体内で起きると、体は傷んだりサビついたりします。
この現象をもたらすのが、「活性酸素」。
酸素が変質した、酸化力の強い酸素の名称です。

呼吸をすれば発生するので、生まれたての赤ちゃんの体内でも活性酸素は発生しています。つまり生まれた瞬間から老化は始まっていると言えます。
専門家の間では「老化することは酸化することと同じ」といわれるほどだそうです。

しかし人間の体に不必要なモノが自然発生するはずはありません。
活性酸素にも、理由があるはず。
調べてみたらやはりそうでした。
活性酸素は、外的から身を守るという役割があったのです。
体内酸素の2〜3%を占めており、体内に侵入した細菌の消毒作用という役割を担っています。
酸化の威力は大変な攻撃力となり、侵入したウイルスや細菌をやっつけてくれます。
たとえば白血球は、病原体を駆除するときに活性酸素を使います。

ところが必要以上に増えると健康な細胞まで酸化してしまいます。
本来、防御のために発生しているはずなのに、必要以上に増えると体をサビつかせる悪玉酸素となってしまうのが活性酸素。外側に向けては頼もしい用心棒ですが、内側に向けられると凶悪になってしまうから困ったものです。
ではどのような状況下で、大量発生するのでしょうか?

活性酸素を大量発生させる原因とは

活性酸素は呼吸しているだけで普通に発生しています。
しかしそれを必要以上に発生させる原因は以下のような環境や生活習慣です。

【環境の問題】
紫外線、大気汚染、化学物質、電磁波、農薬など

【生活習慣の問題】
過労、強いストレス、睡眠不足、喫煙
食品添加物、酸化した油

発生した活性酸素は、その強力な酸化力(異物を溶かす作用)で正常な細胞を浸食します。
そして脂質と結合し「過酸化脂質」となってさまざまな障害を引き起こします。

組織細胞を攻撃すれば、老化を。
遺伝子が傷つけば、ガン腫瘍に。
アレルギーを起こせば、花粉症アトピーに。
ホルモンバランスに影響すれば、生理不順更年期障害に。

このほか、糖尿病、パーキンソン秒、胃潰瘍、てんかん、白内障など、ありとあらゆる病気に活性酸素が関係していることが研究でわかっています。

活性酸素をおさえるのは抗酸化物質

病気の9割は活性酸素が原因だと言う医師もいるほど。
活性酸素にいかに対策できるかが健康長寿の秘訣とも言えます。

酸化を食い止めるのは抗酸化物質です。
若いころは抗酸化能力も旺盛で、酸化に対抗する力が備わっています。
20才の抗酸化力(酵素を作る力)を100%とすると、30代から徐々に下がり始め、50代には60%程度になると言われています。

でも抗酸化物質は、食事から摂取して補うことができるので大丈夫!
逆に補給しなければどんどん酸化の力で老けていくということです。

抗酸化力のある食品をいくつかご紹介します。

◎ビタミンA・C・E

小松菜やブロッコリーなどの緑黄色野菜(ビタミンA・C)
レバー(ビタミンA)
れんこん、カリフラワー、キャベツなどの淡色野菜(ビタミンC)
玄米、植物油、大豆、落花生(ビタミンE)
アボガド、胚芽、かぼちゃ(ビタミンE)

blocolyrenkon

◎各種ポリフェノール

ブルーベリー、紫芋(アントシアニン)
そば(ルチン)
ごま(リグナン)
緑茶(タンニン・カテキン)
大豆由来食品(大豆イソフラボン)

blueberryocha-katekin

◎カロテノイド

鮭・えび(アスタキサンチン)
とうもろこし、ほうれん草(ルテイン)
トマト(リコピン)

benisaketomato

◎水素水

水素は悪玉の活性酸素に反応し、無害化させる性質を持っています。
飲料のほか、注射や点滴などさまざまな方法で体に取り入れることが可能。
水素と単なる水から出来できているため身体への悪影響がなく、手軽に摂取ができます。

活性酸素を抑える抗酸化能力を手軽に補えることから、水素水は健康志向の飲料として注目を集めています。

suiso-image

まとめ

活性酸素発生原因を並べてみて思ったのですが、環境問題については、先進国に暮らす以上避けて通れないものばかりですね・・・
活性酸素も、自然に逆らった人工的な物質に対して「外からの攻撃だ!」と身構えて発生しているかのように見えます。

必要以上に活性酸素を発生する原因を作ってしまっているのは、他ならぬ人間自身。
環境汚染も、ストレスも、すべて人間が作っているものです。
232-002_350a

オーガニック、エコロジー、自然回帰やスローライフといったライフスタイルが最近流行っていますが、それは活性酸素を発生させない生き方とも考えられますね。

こちらの記事もご参考にどうぞ。
シワ・たるみの進行を食い止める抗酸化成分とは

スポンサーリンク


*これでシミ肌ひと皮むけました↓
トレチノインジェル0.1% 1箱(20g)
くすりエクスプレスは、新規会員登録すると期限ナシでいつでも使える500円分クーポンがGETできます。(もちろん初回の買い物から使えます)

にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ

にほんブログ村ランキング参加中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加