公開日: 更新日:

ほうれい線やマリオネットラインを消すエクササイズ。《助けて!きわめびと》老け顔解消トレーニング

歳をとったなーと人に印象づける要素はいろいろありますが、ほうれい線マリオネットラインは代表格でしょう。

(イラスト出典・美BEAUTE(ビボーテ)

そもそも、なぜ今までなかったそんな線が出てきてしまうのでしょうか?

それは、顔の筋肉が衰えたから。

顔の筋肉が衰えてくると顔のパーツをもとの位置にとどめておくことができず、全体的に下に下がってきてしまいます。下がったお肉に沿って線が浮き上がってしまうのです。

これを解消すひとつの方法が、顔の筋肉を鍛え直すこと。

NHK 2018/8/4放送
「助けて!きわめびと」
顔の下半分で変わる!“老け顔”解消トレーニング

↑こちらの番組でやっていた方法が理にかなっており、しかも手軽なので、ぜひ同世代にシェアしていただきたいと思いましたのでまとめてみました。

 

顔の下半分で印象が決まる

顔のパーツが同じでも、歳をとると印象が変わりますよね。

わかりやすいのは、お肌のハリや髪(白髪・薄毛)の変化ですが、そのほかにも印象を決定づけいているのが「顔パーツの位置」なんだそうです。

目から鼻(上半分):鼻からあご(下半分)

この比率を若い人・老け顔の人でどのように違うのかを調べてみたところ、老け顔は下半分がやや長いことがでわかりました。(歯科医師・デンタル美顔プロデューサー/是枝伸子Dr.による統計)

若々しい顔は、下半分が小さいのです。

 

頬の眠った筋肉を呼び覚ます

年齢を重ねると下半分の比率が大きくなって老けた印象に。
たるみでどんどん下に下がってしまうので避けようがない?

いいえ、まだ大丈夫。
筋肉が衰えてきているだけなので、筋トレの要領で鍛えなおせばいいのです。

 

歯科医師の是枝医師による美容サロンでは、頰の筋肉そのものを指でマッサージしたり表情を変えるトレーニングの指導を行ったりして、頰のたるみ改善を行っているそうです。

サロンでは、頬の中に指を突っ込んで、ぐりぐりとマッサージ。変顔をしたり、舌を突き出したりのトレーニングを行うこと1時間。

たった1時間のトレーニングで下半分が引き締まった印象になりました。

これだけで、ずいぶん若い印象に変化していることがわかりますね。

スポンサーリンク

 

自宅エクササイズのやり方

 

顔の筋肉を知る

是枝医師の美容サロンと同じことを、家でもやることができます。
そのためにまず、顔の筋肉について理解をしておきましょう。

顔の主な筋肉は、以下の通り。

  • 上唇鼻翼挙筋
  • 小頬骨筋
  • 大頬骨筋
  • 上唇挙筋
  • 咬筋

これらの筋肉に影響する場所が、口角結節(モダイオラス)で、ここが顔の筋肉が集まる場所です。

このモダイオラスを緩めると、その上につながる筋肉が上がりやすくなるという性質があるので、この部分をほぐすところから始めるとよいとのこと。

 

[1. モダイオラスウォーミングアップ]

  • 指を口の中に入れてつまみます。そこにしこりのようなものを感じたらその部分をつかむ感じで。
    そのまま口を閉じます。
  • 中・外からつかんだ状態でぐるぐると回します。しこりをゆるめる、ほどくイメージで。強さは痛さを感じない程度、ほぐれたサインは、「ゆるんできたな」「あったかくなってきたなー」と感じたらOK。
  • 口角部分がほぐれてきたら、親指を頬の一番高いところに置き、さらに広い面積をほぐしていきます。

数分マッサージすると、頬の印象が変わります。

外からの刺激だけで頬の眠っていた筋肉が呼び覚まされ、本来の位置に戻るため、若いころの印象に戻るというわけですね。

 

[2. あ・い・う運動]

頬がほぐれた次は、筋肉を自分で動かして鍛えます。
顔下半分を引き上げている筋肉を意識的に動かして、眠った筋力を呼び覚まします。

 

  • “あ”運動=大頬骨筋を動かす

モダイオラス(口角)から目尻まで斜めに走っている筋肉を意識。
目じりの下に指を添え、「あー」と言いながら筋肉を引き上げます。
このとき、おでこは動かさないように。
上の前歯が8本以上見えるように「ななめ」に頬を引き上げながら「あー」「あー」を繰り返します。

  • “い”運動=小頬骨筋を動かす

黒目の下に指を添え、頬の真ん中を引き上げるように「いー」と言いながら上唇を上げます。
上の前歯が6本以上見えるように頬を「縦に」上げること。

  • “う”運動=上唇挙筋を動かす

人差し指を小鼻のわきに添えます。
「うー」と言いながら上下の唇を突き出し、添えた指を持ち上げます。
これもおでこの位置は動かないように。

 

 

[3. 顔の筋肉を自在に動かす運動]

リズムに合わせてあいう運動を行います。
今度はゆっくりではなく、テンポよく「あ」「い」「う」の動きを順番に、またはランダムに。

「あ、い、う」で動いている筋肉を自在に操れるようになると、目覚めた筋肉のおかげで若いころのシャープさが戻ってきます。

 

1から3までのトレーニングを1ヵ月続けると筋肉が復活し、若いころの比率に戻るそうです。
顔のパーツが若い頃の位置にもどるので、ほうれい線やマリオネットラインも自然と解消するという仕組み。

ちなみに1から3までの時間は、番組では解説しながら15分程度でした。特に何回とか何分以上とは述べていなかったので、やれるときに数分間でもよいと思いますが、毎日続けることが大事そうですね。

【老け顔解消トレーニングを考案した是枝医師の本】

若返りあごトレ: 顔の下半分に年齢がでる! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

 

番組を見ながら私もエクササイズをやってみました。

最初は頰の筋肉が思うように動かないことにびっくり。何度かやっているとほぐれてきて、動きやすくなってきます。真剣にやると、次の日顔が筋肉痛になります。(笑)

やったあとはスッキリ感がありますが、これは一時的に引き上がっているだけだそうで、これを定着させるためには毎日やるのが大事だそうです。

 

番組後半は、「首のシワを目立たなくする」がテーマでした。
→ 首のしわを消すエクササイズ。1時間で驚きの効果

 

ご参考になれば幸いです。

【関連記事】
ほうれい線やちりめんじわが穏やかに消えていくマイルドなトレチノイン
幹細胞でたるみを引き上げるシグナリフトを使ってみた
▶ 更年期症状別対策

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


(Visited 1 times, 1 visits today)