【更年期】症状別セルフケア<耳鳴り> 更年期の耳鳴りは突然やってくる

40代後半〜50代で突然耳鳴りが…

耳鳴りや音に敏感になるという症状は更年期障害の一つです。

・高音の金属音やセミが羽ばたいているような音が常時聞こえる
・キーンという高い音が常に聞こえる
・水の中にいるようなくぐもった感じ
・2種類以上の音が同時に頭の中で響く
・カサカサした音が気に障る
・静かになった時だけ耳鳴りが気になる
・四六時中シャーシャーと聞こえる

など、感じ方はさまざま。
健康に問題なく過ごしているのに耳鳴りだけが気になる・・・

こうした更年期特有のめまいや耳鳴りは、時期がくれば自然に治まるので、とくに治療の必要はありません。
ただし、40代・50代はメニエール病や突発性難聴が最も起こりやすい年代といわれています。
更年期ではなく病気が隠れている場合があるので、症状が重いなど気になるときは専門の医師の診察を受けましょう。
スポンサーリンク

最初に受診すべき病院は

耳鳴りだけであればまずは耳鼻科に受診を。
内耳性難聴にあてはまるかどうかの診断がされます。

「突発性難聴」「急性低音障害型感音難聴」「メニエール病」など、どれも治療が難しい病気ですが、「急性低音障害型感音難聴」「メニエール病」なら内リンパ腫を改善させるイソバイド(利尿剤)を処方、「突発性難聴」にはステロイド、デフィブラーゼの処方、高気圧酸素療法などの治療法を行います。

<耳鼻科での主な耳鳴りの治療法>

●薬物療法 内服薬(含む漢方薬)/注射/鼓室内注入

●音を利用した治療 マスカー療法/RT療法/補聴器

●心理療法 バイオフィードバック法/心理カウンセリング

●人工内耳

●電気刺激法

●理学療法など 鍼、灸、マッサージ/レーザー、電磁波、低周波/通気療法

●民間療法 催眠療法/健康食品

このような器質的疾患がない場合、うつ病統合失調症などの精神疾患が考えられます。
その場合は心療内科精神科へ紹介されます。
精神疾患は耳鳴りをともなうことも多く、原因を治療すると難聴や耳鳴りが軽快しますが、「音に過敏なこと」の治療は難しいのが現状です。

耳鳴りとともに、頭痛・意識障害・手足のしびれ・麻痺・舌のもつれがある場合はすぐに脳神経外科を受診してください。
脳腫瘍や脳出血など、脳に関わる重篤な病気の可能性があります。

更年期障害による耳鳴りの治療

耳鼻科ではっきりと原因がわからない、処方薬を服用してもなかなか改善されないのであれば婦人科更年期外来を受診してみると良いでしょう。

更年期の耳鳴りは、エストロゲンが減少(女性ホルモンの乱れ)し、自律神経の調子が崩れることが、大きな原因です。

<婦人科での主な耳鳴りの治療法>

更年期障害による耳鳴りと判明すると、ホルモンバランスを整える治療を開始します。
低用量ピルなどが利用されますが、最近では副作用が少ない漢方薬による治療も注目を集めています。
もし漢方治療を試してみたいならば、漢方内科がある病院に相談するとよいでしょう。

*耳鳴りにはいくつかの種類がありますが、更年期の耳鳴りは「痰湿タイプ」
これは耳周辺の余分な水分や痰湿(老廃物)が蓄積されている状態です。
痰湿は厄介で、この粘り気のある汚れがたまると血行不良の原因となり、耳が詰まったり、耳鳴りが引き起こされるのです。

ホルモンバランスを整えることで自律神経が正常に働き、余分な水分や痰湿の蓄積も解消されるため、耳鳴りが改善されることがあります。

セルフケア

・ストレス発散、癒し、睡眠
ストレス、過労、睡眠不足で起こることが多いので、まずこれらを解消すること。
今までできていた仕事だとしても、7割の分量に抑えて過労にならないよう気をつけましょう。

・バランスの良い食事で血行を良く
痰湿とは、油っこい食事や糖分の多い食事などが原因。
野菜を多く摂り、血液の流れが良くなる様な食事を意識する事が大切です。
例えば、黒酢やキノコ類等を積極的に食事の取り入れると良いでしょう。

・適度な運動
適度な有酸素運動やストレッチで血行を促しましょう。

・体を温める効能のある漢方
血行をよくすることで加齢が原因で起こる耳鳴りを改善することが期待できます。

・耳栓
根本治療ではありませんが、特定の周波数を遮断できるタイプの耳栓があるので、音に過敏になっている場合には有効。鼓膜を休めることで治癒を助ける効果もあります。

・TRT(音響療法)
無響室耳鳴といって、耳栓で逆にキーンと耳鳴りがするケースもあります。
その場合はヒーリング音楽を聴くという音響療法で改善する場合があります。

聞くだけで心も体も痛みが消えるソルフェジオ周波数CDブック

自律神経を整えて超健康になるCDブック
:特殊な音の振動が全身の60兆個の細胞を活性化。自律神経を整えることで、耳鳴りを含むさまざまな不調の改善が期待できます。

・耳鳴り防止サプリ
耳鳴りに効果のあるサプリメントの成分としては、蜂の子やイチョウ葉、DHA・EPAなどがよく知られていますが、更年期の耳鳴りに効くかは微妙。人それぞれのようです。
耳に働きかける成分よりも自律神経やホルモンバランスに働きかける成分の方が効果的かもしれません。

まとめ

・耳鳴りが気になったら、まずは耳鼻科へ

・耳鼻科で原因がわからなければ婦人科や更年期外来へ

・更年期障害の耳鳴りは、時期がくれば自然に治まる

もし更年期による一過性の症状なのであれば、「そのうち治るさ」と気持ちを楽に持ち、のんびり構えることも大事。そうすることでストレスによる悪化を避けられます。

耳鳴りは内面的な症状。
はたから見てわかる症状でないため、その辛さをなかなか理解してもらえないことから精神的ストレスにもつながり、精神科の領域にまで至ってしまうケースも。
長引く前にその症状の原因をつきとめ、確実な対処法をとりましょう。

こちらの記事もご参考にどうぞ。

【更年期】耳鳴りを改善する7つの方法 治療法まとめ



記事が参考になりましたら、↓クリックいただけたら幸いです!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。