女性も40代後半から薄毛になる理由

若いころは髪が多かったんですが…

本来、剛毛でクセの強い私の髪。
しかし40代なかば頃から、こんなことが気になり始めました。

あれ?頭頂部が薄くなった。
分け目の地肌が目立つようになってきたような。
全体的に髪が細くなってきた・・・。

若いころは、多すぎて上にも横にも広がるのが嫌だったのに!!
どういうわけか、頭頂部がペタンコになってボリュームがなくなっています。

目が見えにくくなるのと同じで、単なる老化現象だろう、くらいに思っていましたが、同年代でも生え際が濃くてフサフサツヤツヤの人もいます。
その差はいったい何なのだろう?
使っているシャンプーが高級なんだろうか?
ヘッドスパとか通ってんのかな?
など、あれこれ想像してみましたが、それはあくまでも日頃のケアの話。

根本原因は何なのだろうと調べてみると、薄毛もやっぱり「更年期症状」のひとつでした。

スポンサーリンク

女性ホルモンが髪を育てていた

女性ホルモン=エストロゲンの分泌がピークとなる30代前半は、このホルモンのおかげでふっくらとして潤いのある肌と女性らしいボディラインが保たれています。
しかし40代、閉経が近づいてくると、エストロゲンの分泌は急に減ります。
これが自律神経に混乱を与え、さまざまな不調となって現れるのがいわゆる「更年期障害」。

髪の減少も、原因は同じです。

女性の体内にも男性ホルモンが存在しています。

血液中を流れる男性ホルモン(テストステロン)は、毛根にある毛乳頭に入り込むと、5αリダクターゼ酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。
このジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に入ると、毛母細胞の細胞分裂が活発に行なわれなくなり、発毛を妨げます。また毛周期が乱れて成長期が短くなるため髪が成長する前に抜けてしまい、抜け毛や薄毛の要因となります。
スキンケア大学より)

女性ホルモン(エストロゲン)は男性ホルモンとは真逆の働きで、髪を育てる役割を担っています。
男性ホルモンは分泌されていても、それを大きく上回るほどの女性ホルモンがあるため、髪への影響はほとんどありません。

女性ホルモンが活発に流れている間は、少々抜けても次々と育ててくれるので薄毛や抜け毛も目立たないのですが、ぱたっと流れがとまる更年期あたりは抜ける一方。
新しい髪を生成する能力が落ち、それまで目立たなかった男性ホルモンの働きが目立つようになってきます。
すると、「男性型脱毛」と言われる、頭頂部の薄毛につながってしまうそうです。

aga_wiki

(男性型脱毛症(AGA) Wikipedia より画像拝借)

薄毛、抜け毛の多くは「瀰漫(びまん)性脱毛症」

男性型脱毛症とは異なり、特定部分が薄くなることはなく、髪の毛全体が徐々に薄くなるのが「びまん性脱毛症」
少しずつ薄くなるので、初期段階はなかなか自覚できません。

これも、女性ホルモンと密接な関係がある症状ですが、原因となる要素はさまざまです。

<びまん性脱毛症の原因>
・ホルモン分泌の異常
・ストレス
・病気や投薬

びまん性脱毛症は、更年期に関係なく条件がそろえば発症してしまいます。

「薄毛の悩みは女性にとって非常に深刻で、強いストレスや精神的な落ち込みをもたらしますので、更年期の症状を悪化させる可能性もあります。(ウォブクリニック中目黒/高瀬総院長)」

と、皮膚科医も注意を促しています。(光文社「負けるもんか 49歳の崖!」p31より)

ストレスなくても更年期には「男性型脱毛症」になりやすい。
そこにストレスでさらに「びまん性脱毛症」とは。
これは気をつけなければなりませんね〜。
何もしなければハゲてくる、ということですもんね〜。

抜け毛をふせぐ、髪を育てるためには

すでに薄くなった髪を元通りしたい場合は、何をすれば良いのでしょうか。

原因がわかったので、まずそれに対処するのが王道でしょうね。ホルモン対策です。

・女性ホルモン低下を補う食品を摂ること
・ストレスをうまく発散させること
↓植物性女性ホルモン(エストロゲン)を含む食べ物の参考記事
和食中心にすれば女性ホルモンが補えるかも

↓ストレス解消法の参考記事
深い呼吸でダイエットとアンチエイジング

なおかつ、外側からのケアはこのように。

・カラーリングなどの外的刺激は最小限に
・育毛剤を使ったマッサージ
・頻繁にカラーリングしたりパーマをかけたりはNG

若いころのようにとはいきませんが、これらの努力で「男性ホルモン」の進撃を止め、育毛機能が維持できると思われます。
髪のモトとなる成分(ビタミンのビオチン、カルシウム、亜鉛)をサプリで補給するのも効果的。

男性ホルモンのせいで「新しい髪が生えない。育つ前に抜ける」ことが繰り返されて、薄毛になっているので、男性ホルモンの活動を抑えてあげれば、自然と「新しい髪が生える。育つ前に抜けない」ことになるでしょう。
前述の皮膚科医(高瀬先生)は、女性専用の飲む育毛剤も薦めています。(同誌p.30)

パントガール(Pantogar)インターナショナル版
女性の薄毛に対して世界で初めて効果と安全性が認められた内服薬。

自宅でのケアで脱毛が止まらない場合は、クリニックで積極的な治療を受けることをおすすめします。

髪も肌と同様、生活習慣の鏡です。
進化したサプリや医療の恩恵を上手に利用しつつ、規則正しい生活を送るのが鉄則のようです。
スポンサーリンク


*これでシミ肌ひと皮むけました↓
トレチノインジェル0.1% 1箱(20g)
くすりエクスプレスは、新規会員登録すると期限ナシでいつでも使える500円分クーポンがGETできます。(もちろん初回の買い物から使えます)

にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ

にほんブログ村ランキング参加中です。