【本】やる気が出ないときに読む本《スピリチュアル編》

※当サイトのブックレビューは、管理人の別ブログ(http://ameblo.jp/hariszain/)の投稿記事を分類・修正・加筆したものです。
スポンサーリンク

「すべては宇宙の采配」木村秋則

木村秋則さん。
不可能と言われた無農薬・無肥料のリンゴの栽培に成功し、以来「奇跡の林檎」として世界的にその名が知れ渡り、
現在はメディアや講演などでも大忙しの方です。NHKドキュメンタリーにも取り上げられていました。

kimura

木村秋則自然栽培農学校 HPより画像拝借)
無農薬でリンゴ栽培なんて不可能だと周囲にバカにされ、身内からも反対され続け、何十年もの試行錯誤の末、首をくくる決意までした木村さん。
自殺は未遂に終わり、縄から転げ落ちた場所(土)からヒントを得て、無農薬栽培を完成させます。
人生、瀬戸際にこそ這い上がるチャンスがあるんだなと大変勇気づけられたエピソードでした。

友人から借りて読んだ本なので今手元にはないのですが、強烈に印象に残っているのがこの木村さんが何度か宇宙人に遭遇したという体験と、UFOらしき物体に連れて行かれたと言うくだり。

UFOの中には、地球の過去や未来のことを記したカレンダーのような巨大な板があり、それを動かすのを手伝うように宇宙人から言われたそうです。
それによると、現在の年度の板から枚数はそんなに多くなかった、つまり地球の終末が近いことを知ったと言います。
何年何月というXデー情報は書かれていませんが、マヤ暦が終わる2012年よりは長かったけど「意外と早く終末が訪れるのかと驚いた」とのこと。

こんな素朴な農家のおじいちゃんがぶっとんだ作り話をするとも思えません。
「そんなに先のことではない」のであれば、自分の人生の中で、もしかして終末を見ることになるかも?
都心の直下型大地震も100%の確率で来るっていうし。
自分は50年近く生きたからまぁいいかと思うけど、子どもたちは守りたい!!

地球上から戦争がなくなり、慈愛に満ちあふれる世界になったら地球の未来はきっと書き変わるのでしょう。
しかし木村さんの見てきた通りだとしたら、あんまりぐずぐずできませんね。
国内や国同士で、利権争いばっかりやってる場合じゃないっつーの。

「空(くう) 舞い降りた神秘の暗号」Mana

神の領域からインスピレーションが降りてきて、人間にわかるように言葉にして話せる人たちがいます。
このManaさんもそのお一人。
空想では到底思いつかないだろうという素晴らしい言葉の数々が印象的でした。

「あなたは長いこと肉体を自分だと勘違いしています。
本当のあなたは肉体に宿る『空(くう)』です」

人間の体はパイプのようなもの、なんだそうです。
喜びも悲しみも、すべての感情を体感するための装置。
どんな感情でもパイプを通過させて体感することが目的なので、嬉しいこと=良いこと、苦しいこと=悪いこと、ではないと。
苦しい!とか残念!とかツライ!と感じることが、このパイプの所有者である本当の自分の喜びなのだそうです。

だから苦しい感情が湧き起こったとしても、それが通り過ぎるのを観察する。
へーそうなんだ、そんな感情があるんだ、面白い。
そう思う観察者が自分なのだと認識してください、と書いてあります。
読みながらキョトンとしてしまいました。
キョトンとする、この感情もまた新鮮な驚きとして観察しているのが本当の自分。

今まで読んできたスピ系読み物にも、こういう話はありました。
人間は神の一部だと。自分の中にこそ神秘があると。
昔は「何いってんだ」とさっぱりわかりませんでしたが、なるほどそういうことか、とこの本で理解できた気がします。

著者Manaさんは尼さんでもシスターでもありません。
若くて素敵な女性です。
アマゾンの読者レビューに、
「文章が上から目線でえらそう」という意見がありましたが、天からのメッセージなんだから、そりゃー上からだよね!!笑
とツッコミ入れてしまいました。
Manaさんを介して繰り出される神秘の言葉の数々、後半には引き寄せの仕組みにも触れています。
何度も読み直して理解したい、読みごたえあるスゴイ一冊でした。

「不運より脱出する運命の法則―あなたは必ず幸せになれる」中川昌蔵

戦前に中国に渡って事業を成功させたものの敗戦で全財産を失い、帰国。
戦後、日本で家電量販店を立ち上げ、大証2部上場まで会社を大きくしたビジネスマン。
こういう生い立ちなら、書きそうな本は、
「逆境に勝つための精神論」とか、
「成功のための◯◯の法則」とか
になりそうですが、
この方はとてもスピリチュアルな本ばかりを執筆されました。

中川昌蔵氏。佐藤愛子「私の遺言」の登場人物です。
60歳の頃、原因不明で死にかけて臨死体験をし、使命を果たしていないからまだ生きろという
四次元世界からの声を聞いて息を吹き返しました。
以来、会社社長という地位を退いて精神世界の伝道師として活躍された方です。

「死んだ後の世界なんか、死んだ人にしかわからないんだから本当かどうかわからない、想像で言っているだけ。」
と、まったくこのテの話を受け付けない人、科学的に証明できないものは信じない人、多いです。

私も昔はそうだったから気持ちはよくわかる。

でも、臨死体験後に守護霊と話せるようになったとか、霊が視えるようになった方って、結構多いんですよね。
これなら、生きながらにして霊界の仕組みを知ることができる。
書いて話して、伝えることができる。
最近、そういう特殊能力が開花する方が増えてきましたが、中川氏はその先駆者のお一人だと言えるでしょう。

死後の世界や霊界を信じても信じなくてもいいけど、
これは↓生きる上でやっといて損はないですよね。

◆今日一日 親切にしようと想う
◆今日一日 明るく朗らかにしようと想う
◆今日一日 謙虚にしようと想う
◆今日一日 素直になろうと想う
◆今日一日 感謝をしようと想う
by 中川昌蔵

実行してはダメ、強く「想う」だけ。
意識して実行すると失敗するんだそうです。
これを毎日思っていると謙虚になり、人生がスムーズに動き出すという「幸福のソフト」。

謙虚でいると守護霊が最大限に力を貸してくれると言っています。
潜在意識に働きかける「引き寄せ」法の元祖かも?
一時期ワタシはこの5か条を書いて仕事部屋に貼っていました。
「想う」だけでいいから、ラクです。
そのおかげだったのか、ワタシ自身の仕事は絶好調に。
夫の仕事もうまくいきますようにと願ってみましたが、どうやら幸運は「想った」本人にしか降りてこないようです。

中川さんは残念ながら2002年にご逝去されましたが、生存中に多数の本を出され各地で講演会をし、
小林正観さんにその理念を伝えました。
その後小林さんによってさらに昇華され、教えは広まることとなりました。


こちらもご参考にどうぞ。

【本】やる気が出ないときに読む本《更年期先輩女性編》
【本】やる気が出ないときに読む本《開運編》
【本】やる気がでないときに読む本 5選

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ

にほんブログ村ランキング参加中です。