【本】風水師・陰陽師の開運法

※当サイトのブックレビューは、管理人の別ブログ(http://ameblo.jp/hariszain/)の投稿記事を分類・修正・加筆したものです。

スポンサーリンク

開運NAVI! ! ―誰も知らない気のはなし


風水師の秘書が書いた風水の本です。
その道のプロが書くと、それはもう事細かに解説されるパーフェクトな本ができるのでしょう。
しかし庶民の素朴な疑問は、初歩すぎて触れてもいなかったりする。
そんなちょっと聞きづらい今さらな質問も、ばんばん聞いてくれて本にしてくれたのが「せんきゅ~る☆ハイグム」さんです。(なぜこんなペンネームなのかは疑問)

陰陽師の家系の風水師先生のそばで見聞きすることを、庶民目線で伝えてくれています。
ハイグムさんは日常的にふと疑問に思うことを何でも先生に質問します。
あまりに初歩的すぎて、先生に怒られちゃったりもしてます。
でもそれ!それが知りたかったことなんだよ!!
グッジョブ!!!
思わずそう言いたくなるような回答が、本のいたるところに記されています。

たとえば方位。
吉とか凶とか方位を気にし出すと、いちいち気になってしまいます。
私も一時期、方位を気にして外出のたびに方位盤を見たりしてました。
しかしこの本によると、
「通勤・通学などメンバーが決まっている場所に行く場合はそんなに問題がない」
とのこと。
長年の付き合いの取引先と会う場合もそう。
凶作用は、“出会い”がちょっと荒れる、つまり初対面でお互いに良くない印象を持ったり、変な人に良くないタイミングで会ったりするということだそうです。
その他にも、お掃除の仕方、おしゃれの仕方、入浴の仕方などなど日常的に使える風水まめ知識が満載です。
すべての記述が、
「~と、先生はおっしゃっていました」
「~だそうです」となっており、
秘書であり生徒である謙虚さを忘れない姿勢もすばらしい。

文章が軽快で、いい感じに独白でツッコミ&ボケも
織り交ぜられてて娯楽としても楽しい一冊でした。

1%の幸運を100%手に入れる強運のつかみ方/大和書房


kyoumei橋本京明さんは、「日本最後の陰陽師」と言われているそうで、気品ただようスマートなイケメン。TVに出ていたのを見たことがあります。

「愚痴ばかりをいうと運気が下がる」
「感謝してニコニコしていると運気が上がる」
「人生の台本は生まれる前に自分で書いてきた」
といった開運哲学系列の基本をさらっと押さえつつ、運気を上げるウラ技があちこちに紛れて紹介されています。

・脈拍を数えながら声を出すと、自然のリズムに同化するので、運気があがる(脈拍発声法)
・直感に従うことが大事。行きたくない理由が怠惰からではなく恐怖からだったら従うべき
・食卓やリビングで家族の定位置を作らない方がいい
・流行のものを身につけると運気があがる
などなど。
それぞれ理由と解説があり、すんなり納得できます。

色々本読んで知った気でいたけど、まだまだですわ~
現代の陰陽師は、現代社会に適応したアドバイスをしてくれています。

スポンサーリンク