公開日: 更新日:

薬局・ドラッグストアで買える更年期の薬 実際に店舗で探してみました

こんにちは、更年期の健康トラブルと美容について考えるブログOver40管理人かーちゃです。

前回の記事「ホルモン補充療法やめたらどうなる?」で、やめたらHRTを始める前と同じ症状がぶり返したという体験を書きました。
その続編です。

私の更年期障害はほてりホットフラッシュともいいます。
ホルモン補充療法で5年間おさまっていたものの、やめた途端再発。
日に日に頻度が高くなり、夜もぐっすり眠れないほど頻繁に火照って困る事態になってきたので、やっぱり病院行こう!と思い立ったものの、人気の婦人科なのですぐに予約が取れません。
1週間以上先の予約をとりあえず入れましたが、それまで持ちこたえなければならない・・・

というわけで、その間はなんとか「市販の薬で症状を軽減させる方法」を探してみます。

(記事トップの画像は、今現在ほてり全開で暑い私を涼しくしてくれそうなものにしました笑)

 

近所のドラッグストアで売っている薬

セイムスマツモトキヨシで探してみました。(2018年9月調べ)
2枚並んでいる写真は、左がセイムス、右がマツモトキヨシ。
※商品名をクリックするとメーカーの商品説明サイトに飛ぶようになっていますが、そこからは購入することはできません。

1.ツムラ

ツムラの女性薬ラムールQ

【効能・効果】
更年期障害、血の道症、月経不順、冷え症およびそれらに随伴する 次の諸症: 月経痛、腰痛、頭痛、頭重、のぼせ、肩こり、耳鳴り、めまい、動悸、息切れ、不眠、ヒステリー、疲労感、血色不良

【主な成分】エンゴサク/カノコソウ/シャクヤク/トウキ/ケイヒなど18種類の混合生薬

(左セイムス/右マツキヨ)

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

【効能・効果】
体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症注)、不眠症

【主な成分】サイコ/シャクヤク/ソウジュツ/トウキなど10種類の生薬

(写真/セイムス)

ツムラの婦人薬 中将湯(チュウジョウトウ)

【効能・効果】
産前産後の障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、血の道症、更年期障害、不安神経症、月経不順、月経痛、頭痛、肩こり、腹痛、腰痛、冷え症、のぼせ、めまい、耳鳴り、不眠症、息切れ、動悸、むくみ、感冒

【主な成分】シャクヤク/トウキ/ケイヒ/センキュウなど16種類の生薬

(セイムス)

中将湯の右隣の喜谷實母散も更年期薬。配合されている生薬は中将湯によく似ています。江戸時代から親しまれている歴史ある漢方です。

喜谷實母散(キタニ ジツボサン)

【効能・効果】
更年期障害、血の道症、月経不順、冷え症およびそれらに随伴する次の諸症状:月経痛、腰痛、頭痛、のぼせ、肩こり、めまい、動悸、息切れ、手足のしびれ、こしけ、血色不良、便秘、むくみ

【主な成分】トウキ/センキュウ/センコツなど11種類の生薬

 

2.クラシエ

加味逍遙散(かみしょうようさん)

【効能・効果】
「体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるもの」に効果

【主な成分】シャクヤク/トウキ/ケイヒ/センキュウなど10種類の生薬

(左セイムス/右マツキヨ)

 

3.タケダ

ルビーナ

【効能・効果】
体力中等度またはやや虚弱で、ときにのぼせ、ふらつきがあるものの次の諸症:
更年期障害、めまい、立ちくらみ、どうき、息切れ、貧血

【主な成分】トウキ/シャクヤク/センキュウなど9種類の生薬

(左セイムス/右マツキヨ)

 

4.小林製薬

命の母

【効能・効果】
更年期障害、更年期神経症、血の道症-注)、のぼせ、生理不順、生理異常、生理痛、肩こり、冷え症、肌荒れ、めまい、耳鳴り、動悸、貧血、にきび、便秘、ヒステリー、帯下、産前産後、下腹腰痛、血圧異常、頭痛、頭重

【主な成分】ダイオウ/センキュウ/コウカなど13種類の生薬

 

(左セイムス/右マツキヨ)

セイムス(写真左)には、1週間分(84錠)というコンパクトな商品が置いてありました。

とりあえず様子を見たいので、お手頃価格のコレをゲット。

 

1週間飲んでみましたが・・・

私の場合はほとんど変化がなかったです。1週間経過してもホットフラッシュおさまる気配なし。

漢方は飲み続けなければ効果がないとよく言われるので1週間くらいでは仕方ないかもしれませんね。

でもこれで楽になったという友人もいるので、軽い不調であればすぐに効くのかもしれません。

※今回紹介したお店で買える漢方薬はネットからも購入可能。
近所に薬局がなかったり外に買いに行けない方のためにリンク貼っておきます。同じ商品でも、お店よりもネットの方が安いということもあるんですよね。



 

調べてみてわかったこと

(1)置いてある場所がわかりにくい

ドラッグストアでは、漢方取り扱いコーナー付近に更年期関係の薬がまとめられていることが多いようです。
店によっては生理痛関係の付近だったり、「更年期コーナー」が設けられていることも。
栄養剤関係の付近に置いてあるのも見かけました。

結構しんどい症状なんだけど、あまり「病気」としてみなされてないような?
まぁ健康な人にも起こる症状だからそうかもしれませんね。

わかりやすいところに置いておいて欲しいんだけどなぁ、お店の人に「更年期の薬どこ?」って、ちょっと聞きづらいんですもの(笑)

 

(2)漢方製品以外が見当たらない

これは意外でした。
もっといろんな種類のものが薬として置いてあると思ってました。

たとえば、大豆イソフラボンエクオールといった女性ホルモンに直結する成分。サプリの広告をよく見かけます。しかしドラッグストアでは「更年期の薬」としては並んでいませんでした

この手の商品はどこにあるかというと・・・

美容・健康コーナーでした。

有効成分であっても「薬」として認可されていないものは数多くあります。更年期用サプリは「薬」ではなく、「栄養補助食品」に分類され、陳列される場所が薬コーナーではないのですね。



症状の度合いによりますが、効き目に時間のかかる漢方よりもダイレクトにホルモンバランスを整える成分の入っているサプリの方が効くということはあると思います。

参考までにマツモトキヨシに置いてあったホルモンバランスサプリはこちら。

漢方薬の価格とあまり大差ないですね。(気持ち高いかな)

 

店舗になければ通販で

「栄養補助食品」でさがすなら、お店より圧倒的にネット通販が種類豊富です。

特に女性ホルモンのエストロゲンに似た「エクオール」を含むサプリは非常に多くの製品が各社から開発・販売されています。

たとえば↓こちら。ネット通販だけで2分に1本売れているそうです。

ただし、漢方やサプリをしばらく飲み続けてもつらい症状に変化が見られないようでしたら婦人科への相談をお勧めします。
漢方、ホルモン補充療法、その他さまざまな方法の中から、その人にあった治し方を勧めてくれるはずです。

婦人科といっても更年期についての相談は医師とお話するだけ。問診中心で、医療行為は採血とか血圧検査くらいです。基本的に診察台に上がる必要もないので気軽に受診してみてください。
(私の経験では、「ついでに子宮ガン検診をやっておきましょう」と言われ、一度だけ診察台にあがったことはあります)

参考記事:更年期のほてりにホルモン補充療法(HRT)がよく効いた!
ホルモン補充療法のリスクについてお医者さんに聞いてみた

 

ご参考になれば幸いです。

かーちゃでした。

 

こちらの記事もご参考にどうぞ。

更年期の治療、いつまで続ける?

▶ 個人輸入で手軽にホルモン補充療法 口コミの多い貼り薬・飲み薬

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク